円錐加工、矩形ロッド、D面加工

φ1mm以上のガラスロッドの先端を研削及び研磨加工によって先鋭化し、円錐状にします。また、円錐加工以外にも、D面加工や矩形ロッドなどの加工が可能です。
加工できる材質は、合成石英・溶融石英のほか、ホウケイ酸ガラスやその他の多成分ガラス等です。
加工面にはアルミやクロム、金といった金属薄膜、無反射膜等を成膜可能です。
上記以外にも、ご要望に応じて加工致します。

加工例

  • 円錐加工
    ガラスロッドの端部を、任意の角度で円錐状に加工します。ガラスロッドはφ1mm以上から加工が可能です。
  • D面加工
    ガラスロッドの側面をフラット化(D面形成)後、ガラスロッド端部の斜め加工+金属薄膜形成します。
  • 角柱、三角柱
    ガラス母材を角柱・三角柱に加工後、線引き加工によって、長手方向に均一な形状の角柱・三角柱が得られます。
    ※線引き時の過熱によって、角が曲面になります。