テーパ光ファイバ

テーパ光ファイバは、入力が大きい口径で出力が小さい口径をした形状の光ファイバで、レンズでは絞れないスポットサイズを実現致します。光ファイバをヒーターやトーチで加熱し溶融延伸して作製しますので、ご要望に応じた任意のファイバ径に加工可能です。
※コア/クラッド比は一定ですので、入力側と出力側で外径が異なります
ファイバへのFC、SC、SMAコネクタの実装やφ3mmコード、φ0.9mmルースチューブでのコード化も対応可能です。

実装形態

テーパ光ファイバの標準実装形態は、汎用パッチコードケーブルに類似した形態で実装されます。(下図参照) テーパ部は、SUSパイプに実装することでベンディング等による光パワー揺らぎを軽減しております。

特徴・応用

  • 受光面積が大きいためアライメントが容易
  • 石英系ファイバ外径φ1.5mmまで対応可能
  • NA変換※(コア径の変換比率の逆数分、出射NAが変化)
  • 1μm単位での外径制御加工技術
  • 情報通信、バイオ・メディカル、計測分野での応用
※NA変換について
テーパ光ファイバは、コアの変換比率に応じて損失が発生致します。
例えば、コア100μmから50μmに加工した場合、光をコア100μm側からファイバNAで入射すると透過率は最大50%に減少致します。コア50μm側から入射した場合は損失は発生しません。これは、ラグランジュの不変量という『物体(像)の大きさ×NA=一定』に基づいています。NAの変換についても同様ですが、ファイバの仕様NA以上にはなりませんのでご注意下さい。

仕様

入力側コア径50µm105µm200µm300µm400µm
出力側コア径10µm50µm105µm105µm105µm
ファイバNA0.29(GI)、0.22(SI)
動作波長400~1700nm
挿入損失(at 633nm)≦8dB≦3dB≦3dB≦6dB≦6dB
屈折率分布GI(推奨)、SI
テーパ長≦80mm
ファイバ長1m
ジャケッティング0.9mmルースチューブ、3.0mmコード
コネクタSMA、FC、SC
※上記以外のコア径、NA、ファイバ長での作製も可能ですのでお問い合わせ願います。
また、推奨屈折率分布GI型とさせて頂いておりますがSI型での作製も可能です。