光ファイバ製造装置

光ファイバ製造装置について

弊社の光ファイバ線引き装置は、試作品、量産品のそれぞれに対応した装置仕様を提案することができます。 加熱炉は、高温タイプ、低温タイプの2種類を用意しておりますので、さまざまな加工材質に対応可能です。

光ファイバ製造装置とは

光ファイバの製造装置は、一般的に以下2種類の方法で製造されます。
①プリフォームと呼ばれる母材を電気炉で溶融加熱し延伸加工
 ⇒適応材料 : 石英ガラス、ボロシリケートガラス、プラスチック
②電気炉内で溶解したガラスを電気炉外で冷却し細径化
 ⇒適応材料 : プラスチック、多成分ガラス
弊社は、石英系光ファイバの製造を行っていることから①の製造装置のご提案をさせて頂いております。

中身

光ファイバは、光ファイバの元となる母材(プリフォーム)を抵抗加熱炉で加熱し、溶融状態になったプリフォームを高速で巻き取ることによって作られます。石英ファイバは約2000℃、プラスチックファイバは150℃以上で溶融状態に達します。 抵抗加熱炉から引き出された光ファイバは、抵抗加熱炉出口に取り付けたレーザによる外径測定器を用いて測定します。 図1に石英光ファイバの作製工程を示します。

特徴

・納入場所に合わせたコンパクトな設計が可能
・試作(実験用)機から量産機まで対応可能
・高温タイプ、低温タイプの2種類のラインナップを準備
・さまざまなオプションを付加することが可能 (カスタマイズが可能)
・線引き装置としての機能だけではなく、延伸装置としてご使用も可能
・ファイバ製造メーカが販売しているので、製造条件立ち上げ等のアフターフォローも万全

仕様

■FDM-100 : 高温対応線引き装置
 ・加工対象プリフォーム : 石英系ガラス等
■FDM-200 : 低温対応線引き装置
 ・加工対象プリフォーム : 低融点ガラス、プラスチック等
■追加装置オプション
 ・コーティングユニットの追加設置
 ・コーティング外径の調整
 ・巻き取りドラム寸法の変更
 ・線形測定ラインの追加設置
 ・大口径光ファイバ線引き対応
 ・光ファイバクーリングユニット

    

上記以外の追加仕様をご希望の場合は、お問い合わせ下さい。